オープンソースの販売サイト構築ソフト EC-CUBE についてのメモ。

2.4系と2.11系での比較

ニフティクラウド mini (1GHz, 物理512MB, 仮想2G)

  • CentOS 5.7 64bit (チューニングなし)
  • PHP 5.2.17 (チューニングなし)
  • PostgreSQL 8.4.7 (チューニングなし)
  • EC-CUBE (ほぼ、初期状態)

商品一覧 (/html/products/list.php)

試験パラメータ→
観測項目↓
Ver 同時接続数
10 15 30
接続時間 (中央値)
単位: 秒
2.4.4 0.974 2.813 5.286
2.11.2 3.034 4.483 10.054
要求応答数/秒 (平均) 2.4.4 5.52 5.73 5.46
2.11.2 3.19 3.38 2.72

結論

(少なくとも、一定の条件下では、) EC-CUBE 2.11系は、2.4系よりも、2倍くらい重いらしい・・・。

例えば、同環境において、5秒以内を条件とすると・・・

  • 2.4.4 では、30同時接続弱まで耐えられる
  • 2.11.2 では、15同時接続強まで耐えられる

・・・といった感じ。

メモ

  • 結構衝撃的な結果だった。高速化されていると信じていたが、見事に裏切られた。
  • 2.11.2 では、PHP の CPU 消費が著しく激しかった。(2.4.4 は未確認。)
  • 2.11 系で行われた、強引な MySQL での高速化のツケの予感。
  • 今後は、DB 1台 + WEB サーバ 3台 とか、フツーに必要かもね。(ある意味、楽な構成だ。設備費用はメチャ高くなるが・・・) クラウド万歳な時代なんですかね。
  • 商品数が増えると、別の結果となるかもしれない。(そもそも、2.11系の方が商品数が多いというのはあるが、(商品の処理以外も含めた)全体の処理コストからすれば、誤差の範囲であろう。)
パフォーマンス/2.4_2.11.txt · 最終更新: 2011/09/16 12:02 by seasoft
© 2008-2022 Seasoft.